ケアマネジャーとは

日本で活躍するケアマネジャー

ケアマネジャーとは、介護支援専門員のことを指します。日本において介護支援専門員は、介護保険法等を根拠に、ケアマネジメントを実施することのできる資格または有資格者のことをいいます。具体的には、要支援・要介護認定者や家族からの依頼に基づき、介護サービスの給付計画(ケアプランという)を作成したり、自治体や他の介護サービス事業者との連絡、調整等を行います。

これらの介護支援専門員は主に、居宅介護支援事業所や介護予防支援事業所、介護保険施設、グループホーム等で働くことになります。

資格の取得方法

ケアマネジャーになるには、看護師や薬剤師、介護福祉士といった資格を保有している者が、5年以上の実務経験を積んだ上で、都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験を受験する必要があります。試験の難易度は比較的難しく、25%前後の合格率となっています。もっとも、この試験の受験者は医療に関する知見を有しているであろうことから、受験者にとってはそう難しくないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です